SIAセミゴールド(3)

急斜面の対策ですが、スクールで基礎を理解、習得し、斜面に慣れ、
少しづつ余裕を持てるようになることしかありません。

ここが、一般スキーヤーで1番悩みが多いところではないでしょうか?

ローマは1日にして成らず!とにかく時間がかかります。

中級者は急斜面のスピードを意識するあまり、

・上体が回ってしまう
・上体が暴れてしまう
・腕がバラバラに動いてしまう
・慌てて踏換えてしまう
・足首を捻って回してしまう
・横押しのエッジングをしてしまう
・重心が山側に残ってしまう
・後傾になってしまう
・前傾過多になってしまう
・切換時に頭や体を振り込んでしまう
・切換時に伸び上がってしまう

などなどの動きが重なって出てきてしまいます。
これらを取り除く=無駄な動きをしない

効率的かつ的確、正確な洗礼された動きにしていかなければなりません。

先はとてつもなく長く感じました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント